太田胃散
太田胃散CMでピアノ演奏しているのは仲道郁代さん!

「ありがとう いいくすりです。」のキャッチフレーズでおなじみの太田胃散。
おかげ様で、多くの皆様に愛され続け、会社としてももうすぐ140周年を迎えます。
そんな節目の年に向かう中、今回の新CM「粉の良さ」篇は制作されました。

歴代CMにてキャッチフレーズと並び、
「太田胃散といえば・・・」という特別な存在になっている、 フレデリック・ショパン作曲「プレリュード(前奏曲)第7番イ長調作品28-7番」
今回の新CMでは、この曲を日本を代表する名ピアニスト、仲道郁代さんに演奏していただきました。
太田胃散はこの出会いを大切にし、この名曲と同じように皆様に愛し続けていただけるよう、 精進して参ります。

plofile_images

©Kiyotaka Saito

プロフィール

仲道郁代
桐朋学園大学1年在学中に第51回日本音楽コンクール第1位。ジュネーブ国際コンクール最高位など国内外の受賞を経て、1987年ヨーロッパと日本で本格的にデビュー。
人気実力ともに日本を代表するピアニスト。
2018年からRoad to 2027 と題し、春、秋と10年間のリサイタルシリーズを開催する。

仲道さんからのメッセージ

幼い頃から知っているコマーシャル。
子供の頃から聴いていたあの曲。
太田胃散のあの有名なCM曲”ショパンのプレリュード”を私が演奏させて頂くこととなり、とても嬉しく思います。
イ長調で書かれているこの曲と胃腸のお薬はぴったりです。
今回演奏するにあたり、ショパンの譜面により忠実な演奏を心がけました。
ショパンのシンプルな美しいハーモニーと、お薬によって調子が整う感覚とは相重なると思います。
この度の演奏を長く親しんでいただけましたら幸いです。

ピアニスト 仲道郁代

収録時の様子

仲道さんが弾く「プレリュード」が流れる太田胃散の新CMはこちら

太田胃散